Skip to content

SHARE:

COVID-19が大流行する中、「必須なのか」「必須ではないのか」の本当の意味を世界が模索する一方、単純にそういったことを気にしない集団があります。プロの詐欺師もアマチュアの詐欺師も、景気の良いときでも悪いときでも、常にシステムを不正利用する方法を探しているものです。そして、今日のCOVID-19の世界的危機の影響により、不適切な支払いのリスクがこれまで以上に発生するのです。

この種のパンデミックは、嵐を巻き起こします。保険会社と政府は、COVID-19の医学的検査と治療、および世界経済のロックダウンによる経済的影響に対処するため、行政的・財政的ハードルを取り除くことに熱心に取り組んできました。こうした規制の緩和や何兆円もの新たな給付金は、詐欺師が活動の軸足を移して拡大する新たな機会を生み出します。

保険や社会保障制度に関して、詐欺師の手口は多岐にわたります。小規模で日和見的な詐欺行為は、金融危機のために最後の手段として促されるかもしれませんし、その他の日和見的な詐欺行為は、安易さと欲に駆られて行われるかもしれません。一方、より大規模で組織化された不正ネットワークは、何十億もの虚偽の医療請求の提出から、この大流行がもたらす恐怖を利用したヤブ医者商法に至るまで、あらゆる手段を網羅しています。

医療保険者は、日常的で緊急性のないサービスの不足により、請求の量が激減していることを目の当たりにしています。詐欺師は、遠隔医療や検査サービスなど、増加したサービスに焦点を当てています。平常時に戻れば、COVID-19以外のサービスの詐欺のリスクは、これまで以上に大きくなるでしょう。

COVID-19の流行が医療だけでなく保険業界全体の不正に影響を与えるとシフトは考えています。その詳細については「不正最新トレンドレポート(COVID-19 新型コロナウイルスに関する特別編集版)」をダウンロードしてください。また、シフトがどのように不適切な支払いを防ぐのかの詳細については、こちらをご覧ください。