Skip to content

Shift Insurance Decisioning Platform
(シフト・総合意思決定プラットフォーム)

保険契約のライフサイクル全体にわたって意思決定の速度と精度を向上

より適切な意思決定の基盤

Shift Insurance Decisioning Platform(シフト・総合意思決定プラットフォーム)は、請求のライフサイクルの全体にわたって、保険に関する意思決定を改善するよう設計されている総合ソフトウェアアーキテクチャです。このプラットフォームは人工知能を使用し、取込、不正検知、代位求償などの複数のタッチポイントで請求に関する意思決定を強化します。これにより、請求ライフサイクルのボトルネックを除去し、より迅速、公正、正確な意思決定を行うことができます。

  • AI対応の「意思決定レイヤー」として機能し、API経由で保険会社の基幹システムと統合
  • 保険会社の内部データを第三者機関データと統合し、比類ない分析情報を提供
  • 保険契約のライフサイクル全体にわたってROIの向上に貢献
  • 保険に特化した世界最大規模のデータサイエンティスト集団がサポート

効果:

精度の高いデータドリブンな意思決定ガイダンスを提供し、日常の定型業務と複雑なタスクの両方を大幅に自動化

より多くのデータを利用
より多くのデータを利用

エンティティおよび保険契約のデータを膨大な第三者データに結合することで、保険会社がエンティティ、投入、すべての取引に対する影響を明確に把握できるようにします。

より多くのタスクを実行
より多くのタスクを実行

データドリブンな分析情報と自動化された意思決定が保険会社の対応処理能力と精度を高め、新しい取り組みを可能にします。

より多くのリソースを使用
より多くのリソースを使用

保険契約者への対応という最も重要な業務にリソースを集中させ、より適切な意思決定でお客様対応を充実させることができます。

The Shift Insurance Decisioning Platform