Showing results for "保険 イノベーション"

ブログ

2020年 – 保険業界の未来~次の10年の展望

2010年代から2020年代へと変わり、過去の10年を振り返り次の10年を見通す良い機会だと思います。 2010年、業界は大きな不安に満ちていました。 経済は2008年の金融危機から回復の途中にあり、欧州の保険会社はソルベンシーIIに備えていました。 テクノロジーの観点では、主な課題は、保険代理店向けAPIおよびサービス指向アーキテクチャ(SOA)を含むWebサービスなど旧式のソリューションの交換といった複数年にわたるコアイニシアチブに関するものでした。 当時は「InsurTech」という用語もまだ存在していませんでした。 2010年代に登場し、業界に革命をもたらしたテクノロジートレンドのいくつかは、ビッグデータ、Hadoop、クラウドコンピューティング、Internet of Things(IoT)、そして最後にInsurTechが登場しました。 もちろん、失敗に終わったテクノロジーもいくつかあります。 Google Glassが請求プロセスを変革させると言われていた頃を覚えていますか? しかし、私が2010年代を一言で要約するとすれば、「データの10年」であったと言えるでしょう。 さて、新しい10年の始まりに立ち、私は「インテリジェンスの10年」になると思っています。過去10年間で、保険会社と接続されたIoTデバイスの両方で生成されるデータが急激に増加しました。 しかし、これまで、このデータを大規模かつ効果的に分析してビジネスへの価値を引き出せるような成熟したテクノロジーは存在していませんでした。 今日では、量子コンピューターや、高度な画像演算処理(GPU)、人工知能(AI)および機械学習の活用によって、保険会社は利用可能な膨大な量のデータから深く実用的な洞察を極めて迅速に得ることができます。 こうした活用の機会は無限であり、保険契約におけるライフサイクル全体に広げることが可能です。 たとえば、生命保険会社はAIと顔分析を活用することによって、被保険者の自撮り写真からリスクスコアを即座に計算しています。 自動車保険会社は、スマートフォンの写真から損傷を検証し、修理費用を査定できます。 また、損害保険会社は、衛星画像分析を通じて既存の損害と新しい損害を簡単に検証することができるのです。 未来を確実に予測することは不可能ですが、不確実性の緩和に基づいている保険業界では、見通しはある程度予測可能であると考えられます。 保険会社の幹部は、10年後も保険料収入、損失率、顧客維持率、規制強化などについて心配しているであろうと確信しています。 しかしながら、私はお気に入りのビル・ゲイツによる言葉を思い出します。「多くの人々は1年間で実現可能なことを大きく見込みすぎて、10年間で実現可能なことを少なく見込んでしまうのです。」 個人的には、今後10年間で保険業界がどのように変化するのかが楽しみです。シフトテクノロジーではすでに、保険業界を変革する鍵となるAIについての資料(英語版)を紹介しています。

January 16, 2020

イベント

シフトテクノロジージャパン、パリ・ユーロプラス主催のファイナンシャルフォーラムに登壇

11月28日に東京で開催されたパリ・ユーロプラス主催のファイナンシャルフォーラム(Paris Europlace – Tokyo “Financial Forum 2020”)において、シフトテクノロジージャパンの日本担当ビジネス・デベロップメント・ディレクター、木須靖昭が、東京金融機構の代表理事である中曽宏氏や三井住友銀行頭取CEOの高島誠氏らと共にパネリストとして登壇しました。 今年で23回目を数える本フォーラムは、「New Frontiers in Finance」をテーマに日仏の金融機関と関連企業が参加し、基調講演に日本銀行の黒田東彦総裁とフランス中央銀行のフランソワ・ビルロワドガロー氏を迎え、各セッションでは金融の最新動向や進むべき方向性についてさまざまな議論が交わされました。 シフトテクノロジーが登壇したメインステージでのパネルディスカッションでは、「金融イノベーションとフィンテック:日仏間での展開」と題し、新しいテクノロジー企業を日仏間でどのようにサポートし、両国の金融の活性化につなげていくか議論が展開されました。シフトテクノロジーは、フランス政府と東京都の双方から支援を受けているフランス発のテクノロジー企業として、日本の保険業界へ提供しているソリューションの紹介とともに、インシュアテックの最新動向について議論しました。 今回のフォーラムでは、環境問題に配慮したESG投資やサステイナブルな経済成長を目指す取り組みに関する議論が大半を占め、昨今の急激な気候変動などの環境問題が今後の経済と社会に及ぼす影響に対して、多くの企業が本格的に取り組み始めていることを改めて感じさせる場となりました。日本でも自然災害に対する懸念が増大している近年、保険業界でも最新のAIテクノロジーを活用した新しい取り組みや対策が期待されています。

January 7, 2020

イベント

シフトテクノロジー東京セミナー:国内における保険業界のイノベーションに向けたAI戦略をテーマに

先月東京で開催された、シフトテクノロジーによるセミナーイベント「保険業務のイノベーションを加速するAI戦略」には、生命保険、損害保険、共済組合から、経営層、企画部門、査定部門、デジタル戦略部門、内部監査部門を中心に120名以上が参加しました。AI戦略をテーマにした各講演に対する参加者の方からの関心は高く、近年注目を集めているインシュアテックの中でも特にAIに対する日本の保険会社の注目度の高さを改めて確認するものでした。 現在の日本の保険業界において、イシュアテックは最も関心の高いテーマの一つといえるでしょう。中でもAIは、保険会社の戦略的イノベーションを推進するための重要な鍵として捉えられるようになっています。 今回のセミナーで参加者が特に注目していたのは次の2つのトピックでした。 一つは、AIによって保険支払い業務を自動化することでいかに優れた顧客体験を提供できるか、そしてもう一つは、マネーロンダリングや企業の内部不正、共謀などのネットワーク不正を効率的に検知し、抑止するためのAIの活用についてでした。これらのトピックに関する講演を通じて、参加者に対してより具体的な解決方法を示すことが、今回のイベントにおける目標でしたが、概ね達成できたのではないかと感じました。 欧米の保険業界だけでなく日本国内においても、最新テクノロジーの導入によって、消費者向けオンラインサービスと連携したサービスの質を向上し、顧客体験の更なる向上を図ることは喫緊の課題です。今回のセミナーイベントで最も大きな反応が見られた講演の一つが、シフトテクノロジーが提供する保険金支払いの自動化ソリューション「Luke」の紹介デモでした。デモでは、保険金請求から支払いまでの全ての業務プロセスをAIによって自動化する方法を示しただけではありません。参加者からは、保険契約者に対して簡単で迅速な顧客体験をいかに提供できるかを、実際のデモを見ることによって視覚的に理解することできたとの感想を数多くいただきました。 また、セミナー第二部のシフトテクノロジーの講演では、マネーロンダリングおよび内部不正リスクに対する海外での対策事例や、不正ネットワークにおける人と人とのつながりやそれぞれの行動をAIがどのように可視化できるのかを紹介し、保険会社が正当な行為と疑わしい行為をより明確に区別する具体的な方法を示しました。この講演については、生命保険会社のコンプライアンス部門や内部監査部門などを中心とした参加者の方から大きな反響があり、犯罪組織によるマネーロンダリングや内部不正リスクへの対策についての関心の高さを再確認しました。 保険業界の提供するサービスと業務は、イノベーションによって急激に変化しています。シフトテクノロジーでは、これらの課題に対して、AIテクノロジーの活用を通じて保険会社をサポートすることができると考えています。今回のセミナーイベントでは、シフトテクノロジーが提供するAIテクノロジーの効果的な活用による、社内プロセスと顧客体験の劇的な変革の可能性の一端を、日本の保険会社の皆さまと共有することができたのではと感じています。

November 15, 2019

Home

October 10, 2019

保険に対する意思決定を変革するためにシフトがどのように役立つかをご紹介します。

シフトテクノロジーのニュースと最新情報をご購読ください

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
twitter linkedin instagram arrow-down arrow-left arrow-right close-icon search-icon checkmark-icon