Showing results for "保険 人工知能"

ニュース

健康保険に関連したFWA(不正、無駄、悪用)の世界的なトレンドをご紹介

世界の保険業界向けにAIネイティブ不正検知および自動請求ソリューションを提供するシフトテクノロジーは、この度、Fraud Insights 不正トレンドレポートVol.2をリリースしました。本レポートでは、世界の健康保険分野でのFWA(不正、無駄、悪用)の傾向についてご紹介します。 FWAによるコストは、世界全体で6,000億ドル(5,000億ユーロ)以上と推定されています。また、医療制度、ひいては顧客や健康保険の提供者との関わり方は、国により異なりますが、それでも国境を越えて広がるFWAの傾向を見つけることができます。 当社は世界中の健康保険の提供者と共にプロジェクトを進める中で、保険契約者とプロバイダーの不誠実な行動が保険会社にどのような影響を与え、またどのようにそれらの行動を検知し、調査し、改善するかを見てきました。それらの経験を活かし、本レポートでは以下の傾向及び動向を詳細にご紹介します。 フランスで眼科医療提供者による不正の傾向 フランスでネットワーク医療提供者の動向 国際医療における不正、無駄、悪用の課題 代位の傾向 世界の健康保険不正の動向   第二回 Fraud Insights 不正の最新トレンドレポートのダウンロードはこちらから Fraud Insights 不正トレンドレポート Vol.2

November 25, 2020

ニュース

フロスト&サリバン社がシフトテクノロジーに 2020年グローバルクレームソリューション分野の 保険市場リーダーシップアワードを授与

グローバルの保険業界に対する、シフトテクノロジーの多大な貢献と価値あるサービス提供が評価される パリ、ボストン– 2020年5月27日– 世界の保険業界向けにAIネイティブの不正検知ソリューションと保険金支払い自動化ソリューションを提供するシフトテクノロジーは、本日、同社がフロスト&サリバン社より、2020年グローバルクレームソリューション分野において保険市場リーダーシップアワードを受賞したと発表しました。情報および成長を推進するコンサルティング企業による「ベストプラクティスアワード」は、業界の真のリーダーおよびイノベーターである企業を選出する独立系の調査機関からの称賛と言えます。 受賞者を決定するために、フロスト&サリバン社のアナリストは、独自の選定基準により、対象企業をリーダー的な地位へと導いた、業績の優れた分野を特定します。特に、受賞した企業の成長戦略、製品の品質と差別化、技術革新、ブランド力などが評価の基準となります。これらの点を考慮した上で、シフトテクノロジーは「不断の努力によって保険業界にかけがえのないサービスを提供した」と評価され、今回の受賞にいたりました。 フロスト&サリバン社のビジネス/金融サービスの主任コンサルタントであるClare Walker氏は、次のように述べています。「シフトテクノロジーの保険業界への貢献と、業務自動化および不正検知における高度なイノベーションにより、保険会社は業務効率、データ分析、リスク軽減という形で大きな価値を生み出すことが可能となりました。」 フロスト&サリバン社は、保険業界がかつてない大きな変革の最中にあると認識しています。多くの保険会社が、保険金請求プロセスの効率向上のためにどのようにインシュアテックを活用できるのか模索しながら、保険契約者の顧客体験の向上につなげています。それと同時に保険会社は、インシュアテックの不適切な導入により、問題解決ではなく多くの問題を引き起こす可能性があることを認識する必要があります。 Walker氏はさらに以下のように述べています。「請求プロセスの自動化ソリューションLukeと不正検知ソリューションForceに実装されている人工知能と機械学習を活用することで、保険会社は静的な業務ルール分析を超えた、重要なコンテキストデータを活用した分析が可能となります。これにより、請求プロセス全体をサポートし、その結果としてビジネスに大きな効果をもたらします。」 シフトテクノロジーCEO兼共同創業者であるJeremy Jawishは、次のように述べています。 「私たちはAIと高度なデータサイエンスを保険金請求プロセスに適用することで、優れた顧客体験を提供できると信じています。私たちのソリューションによる保険会社の成功、そして今回のフロスト&サリバン社による評価は、我々の正しさを証明する確かな証拠だと思っています。」 シフトテクノロジーについて シフトテクノロジーは、世界の保険業界向けに設計された唯一のAIネイティブの不正検知および査定自動化ソリューションを提供しています。当社のSaaS(Software as a Service)ソリューションは、高い検知精度で個別およびネットワークの不正請求を検知し、保険会社がより迅速かつ正確な保険金支払いができるよう、最適なガイダンスを提供しています。当社はこれまでに数多くの保険金請求の分析を行い、CB Insightsより2018年Global AI Top 100に選出されました。  

May 28, 2020

ニュース

シフトテクノロジー、不正トレンドレポート第一号をリリース

グローバルの保険業界向けにAIネイティブ不正検知および保険金の自動請求ソリューションを提供するシフトテクノロジーは、第一回となる不正トレンドレポートをリリースしました。本レポートでは、世界中の保険会社に影響を与えている不正トレンドに対する最新の分析と知見を提供します。 不正の最新トレンドレポートのダウンロードはこちらから 不正トレンドレポート Vol.1 (2020.04) 人工知能(AI)と高度なデータサイエンスを駆使して保険金請求プロセスにおける不審な行動を特定するという我々の業務は、保険業界に影響を与えるグローバルな不正の傾向を発見することを可能にします。第一回目となる今回の不正トレンドレポート(第1号:2020年4月)では、自動車修理業者と修理工場によって実行された4つの個別の不正の手口について調査しています。 これらの不正は違法ではあるものの、追加の利益を上げる簡単な方法としてしばしば見られます。業者による不正を興味深いものにしているのは、不正の検知が非常に難しいということです。 そのためには、不正担当者は、個々の請求案件がどのように関連しているのか「全体像」をチェックする必要があります。 シフトテクノロジーのCEO兼創業者であるJeremy Jawishは次のように述べています。「今回のレポートで言及しているように、保険における不正は常に進化しています。 保険会社が先手を打つためには、事業に影響を与える最新の不正トレンドを理解し、最も効果的にそれらを発見し軽減する方法を理解する必要があります。 当社の新しい不正トレンドレポートは、保険会社が不正に最大限効果的に対処するために必要な情報を提供するのに役立ちます。」

April 16, 2020

ニュース

シフトテクノロジーが全米医療保険詐欺防止調査協会(NHCAA)に加盟

協会員として、医療における詐取、浪費、悪用への防止対策を支援します パリ、ボストン – 2020年4月2日 –グローバルの保険業界向けのAIネイティブ不正検知および請求自動化ソリューションを提供するシフトテクノロジーは、本日、プラチナ会員として全米医療保険詐欺防止調査協会 – National Health Care Anti-Fraud Association(以下NHCAA)に加盟したことを発表しました。これにより、シフトテクノロジーは、米国の主要な医療保険会社および米国政府機関と協力して、医療不正対策に取り組んでいくことになります。 「医療における詐取、浪費、悪用は大きな問題です。医療提供者と患者にコストがかかるだけでなく、提供される医療の質に悪影響を及ぼす可能性があります」と、NHCAAの最高経営責任者であるLouis Saccoccioは述べています。 「この問題と闘うために、民間企業と公的機関双方よりさまざまな組織を結集することで、私たちは非常に強力な統一された共同戦線を作り出します。」 NHCAAは、米国における医療不正対策に焦点を当てた全国的な組織です。 NHCAAの会員は、官民のパートナーシップにより、90近くの民間医療保険会社と、民間と公共の医療に対する不正を管轄する公的な法執行機関と規制機関で構成されています。 医療における詐取、浪費、悪用の認識を高め、検知、調査、防止を改善することにより、公共の利益を保護し、支援することに専念しています。 この目標を達成するために、NHCAAは学習の機会、認定プログラム、情報の共有、専門家による支援の機会を提供しています。 「私たちは、医療業界に対する詐取、浪費、悪用の影響を効果的に最小化するために取り組んでいる団体の一員となったことを非常に誇りに思っています」と、シフトテクノロジーのCEO兼共同創業者であるJeremy Jawishは説明しています。 「保険業界の他のセクターでの協業の有効性を見てきました。NHCAAに当社が貢献できるさまざまな対策と、NHCAAの会員が実施している素晴らしい活動を楽しみにしています。」   NHCAA公式ホームページ www.nhcaa.org

April 2, 2020

ブログ

2020年 – 保険業界の未来~次の10年の展望

2010年代から2020年代へと変わり、過去の10年を振り返り次の10年を見通す良い機会だと思います。 2010年、業界は大きな不安に満ちていました。 経済は2008年の金融危機から回復の途中にあり、欧州の保険会社はソルベンシーIIに備えていました。 テクノロジーの観点では、主な課題は、保険代理店向けAPIおよびサービス指向アーキテクチャ(SOA)を含むWebサービスなど旧式のソリューションの交換といった複数年にわたるコアイニシアチブに関するものでした。 当時は「InsurTech」という用語もまだ存在していませんでした。 2010年代に登場し、業界に革命をもたらしたテクノロジートレンドのいくつかは、ビッグデータ、Hadoop、クラウドコンピューティング、Internet of Things(IoT)、そして最後にInsurTechが登場しました。 もちろん、失敗に終わったテクノロジーもいくつかあります。 Google Glassが請求プロセスを変革させると言われていた頃を覚えていますか? しかし、私が2010年代を一言で要約するとすれば、「データの10年」であったと言えるでしょう。 さて、新しい10年の始まりに立ち、私は「インテリジェンスの10年」になると思っています。過去10年間で、保険会社と接続されたIoTデバイスの両方で生成されるデータが急激に増加しました。 しかし、これまで、このデータを大規模かつ効果的に分析してビジネスへの価値を引き出せるような成熟したテクノロジーは存在していませんでした。 今日では、量子コンピューターや、高度な画像演算処理(GPU)、人工知能(AI)および機械学習の活用によって、保険会社は利用可能な膨大な量のデータから深く実用的な洞察を極めて迅速に得ることができます。 こうした活用の機会は無限であり、保険契約におけるライフサイクル全体に広げることが可能です。 たとえば、生命保険会社はAIと顔分析を活用することによって、被保険者の自撮り写真からリスクスコアを即座に計算しています。 自動車保険会社は、スマートフォンの写真から損傷を検証し、修理費用を査定できます。 また、損害保険会社は、衛星画像分析を通じて既存の損害と新しい損害を簡単に検証することができるのです。 未来を確実に予測することは不可能ですが、不確実性の緩和に基づいている保険業界では、見通しはある程度予測可能であると考えられます。 保険会社の幹部は、10年後も保険料収入、損失率、顧客維持率、規制強化などについて心配しているであろうと確信しています。 しかしながら、私はお気に入りのビル・ゲイツによる言葉を思い出します。「多くの人々は1年間で実現可能なことを大きく見込みすぎて、10年間で実現可能なことを少なく見込んでしまうのです。」 個人的には、今後10年間で保険業界がどのように変化するのかが楽しみです。シフトテクノロジーではすでに、保険業界を変革する鍵となるAIについての資料(英語版)を紹介しています。

January 16, 2020

企業情報

October 11, 2019

Home

October 10, 2019

保険に対する意思決定を変革するためにシフトがどのように役立つかをご紹介します。

シフトテクノロジーのニュースと最新情報をご購読ください

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
twitter linkedin instagram arrow-down arrow-left arrow-right close-icon search-icon checkmark-icon