Generali France: 損害保険の不正を検知するためにAIが稼働

Generali Franceは、不正対策に対して大きな目標を設定し、疑わしい案件の検知を最適化するために、人工知能とデータサイエンスの支援を期待しています。 目的は、既存の保証不正の種類に関する知識の向上です。 シフトテクノロジーのソリューション「Force」によって、20194月以来、両社は自動車保険の不正防止においてパートナーシップを強化しています。

保険部門のイノベーションにおける本格的なパートナーシップ

2016年以降、自動車保険においてシフトテクノロジーと提携してきたGeneraliが、保険の不正検知ソリューションを提供するシフトテクノロジーに再び目を向けるのは自然なことでした。 今回の目標は、損害保険部門への展開でした。

「Generaliが望んでいることは、クレームの異常をリアルタイムで検知し、分析することで、実際に不正ではないケースをより速く処理できるようにすることです。 シフトテクノロジーのリアルタイム検知モジュールは、このニーズに直接対応しています」と、Generali FranceのHead of Control and Reimbursement PolicyであるJérôme Burtheretは述べています。 「実際、請求が行われた時点から、シフトテクノロジーは何千もの変数を組み合わせて、クレームと状況に関連するデータ間の矛盾を特定することができます」

今回のパートナーシップは以下を含みます:

全ての請求書の認証をシステム化

画像解析の活用、特にGoogleマップによる空撮写真

Forceソリューションは、以下の2つのソースからデータを引き出します:

内部データ:保険会社よりシフトテクノロジーに送信されます。
– 請求データ
– 契約データ
– サンプルコピー

第三者データ:シフトによって回復される、内部データを強化するためのデータです。
公共データ(企業データ、統計データ等)
ウェブ(Google
衛星写真(Google Map)
– 位置情報
– 気象情報

シフトテクノロジーは、収集されたすべてのデータを相互参照して、請求ファイルの異常を検知します。

Generaliポートフォリオにソリューションを適応

Generaliには毎年約125,000件の請求が提出されており、その中で不正の件数の割合は約300件です。 2022年には、年間600件の不正請求が提出されると予想されます。 企業および個人の財産損害保険は、金額と量の点でGenerali Franceが受け取った損害賠償請求の約30%に相当します。 疑わしいファイルを処理するための検知および整理方法により、損害請求の0.7%が不正として認識されます。 不正防止機関のALFAによると、市場で最も成功している保険会社の割合は2%です。 Generaliは、シフトテクノロジーの活用によってこのレベルに到達したいと考えています。 シフトテクノロジーのソリューションForceによる検知は、マルチリスクの住宅、財産、およびビジネス保険、つまり125,000件のP&C請求のうち107,000件の請求に焦点を当てています。 Forceによって、1日に約300件のクレームが分析されることになります。

Generaliの技術専門家との緊密な協力によって、シフトテクノロジーのデータサイエンティストは、Generaliのポートフォリオの特性に検知アルゴリズムを適応させるために既に動員されています。 201911月から設計フェーズの終わりまで、Forceは、申し立てが行われたときにGeneraliの管理者向けのアラートを自動的に生成できるはずです。 「すべてのアラートには疑わしい「スコア」があり、さまざまな兆候によって実証されています」と、シフトのチーフデータサイエンティストであるArnaud Grapinet氏は説明します。 「管理者によって処理され、その関連性を分析し、必要に応じて、必要な調査を実行するか、詐欺の疑いが排除された後に請求プロセスを実行します。 」

財物損害の不正検知の一部を自動化すると、請求の処理時間が短縮され、保険会社と被保険者の両方の時間を節約できます。 AIは、誤って不正であると検知した案件を割り振り、対処すべきファイルから除外することができます。 これは、自動化された損害保険の不正検知の89%が誤検知とされ、実際に不正であると認定された件数の割合と比較すると高いためです。 分析が完了した後、管理者は不正があったかどうかを確認し、より迅速かつ簡単に保険契約者に支払うことができます。

Forceは、1日に約3,000件の請求分析し、請求プロセスの各段階が進むごとに分析が数回行われます。

保険金部門を担当するGenerali Franceの執行委員会の一員であるRégis Lemarchandは以下のようにコメントしています。「シフトテクノロジーは長年にわたって常にソリューションを革新し、充実させてきました。 詐欺を検出するためのドキュメントと画像分析モジュールは特に強力です。 Generaliは、保険における不正対策において、シフトテクノロジーを大きなロードマップに含めるべきだと考えました。 シフトテクノロジーのソリューションForceは、保険契約の価格上昇にも対応しています。Generaliでは、すべての保険契約者に公正な価格を支払うことを望んでいます。 私たちの目的は、これらの不正による損失が正当な保険契約者によって負担されないようにすることです。 シフトテクノロジーのAIは、これを達成するためのサポートを提供しています。」

Jeremy Jawish、シフトテクノロジー共同創業者兼CEOは以下のようにコメントしています。「Generaliはフランスにおける我々の顧客の一社です。 自動車保険から損害保険にパートナーシップを拡大し、Generaliの大きな目標を達成するのを支援できることを非常に嬉しく思います。 ここ数年、彼らが私たちに寄せた信頼に感謝しています。 」

GENERALI FRANCEについて

Generali Franceは、今日のフランスを代表する保険会社の1つです。1832年にフランスで設立され、会社の売上高は、2018年に123億ユーロに達しました。Generali Franceは、生涯を通じてクライアントに同行することを目的として、9,000人以上の従業員と一般代理店によってサポートされています。 保険および資産管理のソリューションを、720万人の人々と75万の専門家および企業に提供しています。

シフトテクノロジーについて

シフトテクノロジー社は、世界の保険業界向けに設計された唯一のAIネイティブの不正検知および保険金自動支払いソリューションを提供しています。同社のSaaS(Software as a Service)ソリューションは、競合製品の二倍の精度で個別およびネットワークの不正を認識し、保険会社がより早く正確な保険金支払いができるよう、状況に応じたガイダンスを提供しています。同社はこれまでに数多くの保険金請求について分析を行い、CB Insightsにより2018年Global AI Top 100に選出されました。

詳細はwww.shift-technology.comをご覧ください。

Shift Perspectives

Shift Technology Selected by iA Auto and Home Insurance to Identify Suspicious P&C Claims

August 4, 2020

Read more

1ST CENTRALが保険金請求と保険引受プロセスにおける不正検知ソリューションにシフトテクノロジーを採用

June 10, 2020

Read more

フロスト&サリバン社がシフトテクノロジーに 2020年グローバルクレームソリューション分野の 保険市場リーダーシップアワードを授与

May 28, 2020

Read more

正確な不正請求検知は、請求処理自動化の鍵となります

シフトテクノロジーのニュースと最新情報をご購読ください

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
twitter linkedin instagram arrow-down arrow-left arrow-right close-icon search-icon checkmark-icon