ある大手の民間保険会社は、検知されていない不正が収益に影響を与えていることをすでに理解していました。市場で利用可能なソリューションを詳細に調査したこの保険会社は、シフトテクノロジーのForceだけが、請求処理において不正の可能性が高い請求を、迅速、効率的かつ正確に特定するという要件を満たせるソリューションであると判断しました。

Forceが証明する価値
Forceの能力に向けられた期待は、プロジェクト初期のセットアップ段階で、FORCEがプロジェクトを進める費用を上回る不正の可能性を特定したときに現実のものとなりました。

4か月足らずで運用開始
同様に重要だったのは、シフトが提供する保険に関する深い専門知識と、緊密な連携を促進するアプローチの両方を持ち合わせていたことでした。そして、シフトが約束した4か月以内の不正検知モデル立ち上げから現在に至るまで、プロジェクトが迅速に生み出した測定可能な成果は、保険会社の期待をはるかに上回るものでした。

損害保険

三井住友海上火災保険株式会社

三井住友海上火災保険は、2019年4月より社内の一部で試験運用を開始。ここでの成果をもとに、同年7月からは全国の拠点に展開して、Forceの査定プロセスへの全面的な導入がスタートしました。 損害サポート本部 損害サポート業務部の部長を務める時田正隆氏は次のように話します。「クラウド上で稼働するAI不正検知ソリューションForceは、請求処理プロセスの変更における対応スピードの向上を実現するだけでなく、お客さまにはスピーディーに保険金をお支払いすることで、ビジネスに大きな効果をもたらします。」 三井住友海上がどのように不正検知ソリューションForceを活用し、数百万件に上る保険金請求を分析し不正検知を行っているかの詳細については、下記資料をご覧ください。 三井住友海上火災株式会社導入事例の詳細へ

もっと読む もっと読む

旅行保険

不正を調査する請求処理担当者を支援

旅行保険を扱う大手保険会社は、重大な問題に気付いていました。それは、不正請求です。不正請求対応には費用がかかることがわかっていました。さらに、不正の可能性がある請求を見つけて調査する専任の不正対策チームもありませんでした。

もっと読む もっと読む

損害保険

ビジネスのルールを越え、精度を向上

米国に拠点を置くこの損害保険会社は、不正の可能性のある請求へ対処する必要があることを認識し、SIU(特別調査チーム)に不正検知技術を提供する措置を講じましたが、不正対応チームはそれだけでは不十分だと考えました。

もっと読む もっと読む

正確な不正請求検知は、請求処理自動化の鍵となります

シフトテクノロジーのニュースと最新情報をご購読ください

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.
twitter linkedin instagram arrow-down arrow-left arrow-right close-icon search-icon checkmark-icon